政治 キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

公示前,安倍首相だけ生出演

 『安倍首相が5〜6日に4本のテレビあるいはラジオの報道番組等に単独出演した。』
 
 参議院選挙の公示前なので,クロとは言えないでしょうが,出演させた方も,出演した方も選挙直前であることへの配慮が足りなかったですね。双方ともプロなのですから,こんなことでとやかく言われないよう自覚願います。特に安倍首相はこの時期にこんなグレーな行動をすると,後々マイナスの効果が出ると思うのですが・・・

 どうも安倍首相は,見た目が極めて良好で,人物的にも間違いなく好人物にしか見えないし,たぶん,おそらくは現実的にも立派な方だと思いますが,運がないというか,周囲に気の利いた人がいないというか,本人も世慣れしていないというか,妙なことばかりで足を引っ張られますね。今は良い経験を積んでいるということでしょう。首相といえども,まだまだ成長の途上にあるということです。

 今度の参議院選挙では間違いなく自民党は敗北します。そうなったときは,安倍首相は潔く退くか,衆議院を解散して国民の審判を仰ぐべきです。安倍晋三氏は一度下野した方がいいですよ。下野して雌伏して成長するのです。将来的には自民党が支持を回復する可能性は十分あります。そして安倍晋三氏が再登板する可能性もあると思います。再登板したときに,安倍晋三氏のこれまでの経験を生かすのです。きっと良い政治を行うことでしょう。

 話が少し脇道に逸れますが,安倍晋三氏は,1000年近く前に,衣川(現在の岩手県奥州市)を本拠地として,陸奥国奥六郡を治めた俘囚(陸奥・出羽の蝦夷のうち,朝廷の支配に属するようになったもの)の長・安倍頼時の子の安倍宗任の子孫だそうですね。かつての大和朝廷に対する反逆者の子孫が今はトップにあるということです。面白いですね。歴史のロマンです。まあ,見るからに岸信介や佐藤栄作の顔をしていて,もはや東北人の遺伝子にはかなり薄まっているでしょうが,ルーツが東北にあるということで,推定東北原住民の子孫の私としては妙に親近感があるのです。

 ですから,秘かに応援する立場として言うと,先ほども書いたように,仮に参議院選で敗れたら潔く退き,次のチャンスに備えて欲しいのです。政界が再編することもあるでしょうから,自分の地盤を固めて欲しいのです。世の中を明るくして,夢が実現する自由な社会を築いて欲しいのです。ハイ!
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢一郎,選挙に負ければ引退!

 テレビで見ましたよ。小沢代表であれば,間違いなく言葉と同じ行動をするでしょう。すなわち,参議院選挙で民主党が負ければ小沢氏は必ず引退します。代表を辞任するのではないのです。かなりのインパクトを感じました。強烈でした。さすがです。政治家がこの種の発言をするのは珍しいことです。大概曖昧な内容に終始し,責任を有耶無耶にする人の方が多いのです。

 完全に際立ちましたね。散々辞めないで,粘りに粘って最後は自ら命を絶つなどというとんでもないことがありましから,とても際立ちます。でも,これはパフォーマンスではないのです。小沢氏の信念が滲み出た行動なのです。だから,必ずは選挙民の心をつかむはずです。

 小沢氏に関してはこれまでいろいろなことがありましたが,言うまでもなく,私は具体的な事実関係を何ら知りませんので,細部の論評はできませんが,これまで表面に出てきた事実から,私は政治家として非常に評価しています。はっきり言って大ファンです。シンパです。軸なし政治家が多い中で,数少ない軸のブレない政治家として大いに評価しています。もう一方の私が大ファンの政治家の岡田克也氏とは今は疎遠だとのことですが,是非再びタッグを組んで世直しにまい進して欲しいです。

 顔があのしっかりとした顔立ちですので,見方を変えると,怖そうなので,ちょっと損をしているかもしれませんが,よくみればなかなか良い顔とは思いませんか?これまでの人生が顔に出ています。軸がしっかりとしているという顔です。ところで,安倍首相は顔立ちでは得をしていますね。あの育ちの良さそうな顔は多くの人が安心しますよね。まあ,過激な発言とは裏腹ですけどね。

 全ての長所が一人の人に揃うというのはなかなかないことですね。その点で小沢氏はだいぶ誤解されてきたように思います。人が寄ってきては離れる,寄ってきては離れるの繰り返しでした。でも,会社でもそうですが,権力に擦り寄ってくる人間には,おおむねろくな人がいませんよね。その種の人間は私の大嫌いです。でも得てして,その種の人間が組織では出世するのですよね。嫌な世の中です。そういう人種は自分を優先しているのであって,会社の改革や世直しなどは二の次なのです。皆さん,今度の選挙は人物をよく見て選びましょう。周囲に流されず,朴訥だけど,軸がブレない政治家が私の好みです。そういう人たちが最終的に世の中を明るくします。ハイ!
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ〜あ,またまたまた大臣に疑惑

 一体どうなっているのでしょうか?松岡利勝前農相の後任である赤城徳彦農水相が不明朗な事務所費問題を指摘されています。事実関係はよくわからないことなので,とやかくは言えませんが,大きな疑問は,どうして安倍首相がこのような疑われるような人物を大臣に据えるのかということです。前の大臣があれだけ大騒ぎされ,挙句の果ては自ら命を絶つなどという近来まれなる出来事が起こってしまった後ですよ。人を見る目がないということですか?自民党にはもはや取って代わる人材がいないということですか?

 選挙が近いですよね。ただでさえ,支持率が低下している中で,松岡前農相と同様の騒ぎが起こったらどうなるか?誰でもわかることですよね?それなのに,なぜこんな事態になるのでしょうか?理解できません。

 赤城大臣は見た目がボンボンで少年のような顔をされていますが,たぶん中身は大人でしっかりとしたものを持っているはずですので,ガキの返事みたいな受け答えはせず,しっかりと説明して欲しいですね。やましいことがなかったらできるはずです。中途半端だから,大騒ぎされるのです。小さな誤りであれば,反省し,以後改める旨を示せばいいでしょう。

 安倍首相はもっと指導力を発揮し,ちゃんと赤城大臣に説明させるべきです。こんなこと何回も繰り返していたら,子供の教育上良くないですよ。嘘がまかり通るということを教えることになりますよ。悪い世の中になります。もうこれだけ何度も大臣が交代しているので,今回のこの赤城大臣のケースが悪質なのであれば,即刻交代させるべきです。その方がもはや支持率が上昇しますよ。どうも悪いサイクルの中にあるような気がしますね。回りに助言する人はいないのでしょうか?どうも初歩的なミスが続いているという印象が強いです。

 安倍首相には,法律とかルールに従っているから良しとするのではなく,疑惑に対して真摯に対処して欲しいです。安倍首相自身が直接何か問題があったということはなかったと思いますが,任命した大臣に次々と問題があり,交代が相次いだ今回の内閣を,国民はもう完全に見放していると思います。皆,心の中がモヤモヤしていてすっきりしないのです。その辺のところを理解してやらないと,世の中は暗くなるばかりです。無論選挙には必ず負けます。安倍首相,奮起して下さい。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新党日本分裂 田中康夫がんばれ!

 『新党日本の役員会で,荒井広幸幹事長(参院議員)と滝実総務会長(衆院議員)が田中康夫代表に解党を要求した。』

 大義をほっぽり出したコップの中の嵐です。荒井広幸氏と滝実氏はいずれも新党日本の比例区で当選したはずですよね。政界ではよくあることとはいえ,実に小汚い人達です。新党日本で具体的に何があったのかは,テレビやネットで見聞きしただけですのでよくわかりませんが,見え見えですよ。単に今度の参院選では敗北必死な自民党に,自分たちを高く売りたいのでしょう?

 選挙のために利用するだけ利用しておいて,用が済んだらポイ。何,当面無所属で活動するだと。バカ野郎!(議員先生様,暴言,ご容赦願います。怒り心頭ですので。)議員を辞めろ!無所属で当選して,新党日本を結成したのではないのですよ。しかも,あんたら,比例区でしょう。何を言っているのでしょうか?議員を辞めなさい。選挙民は新党日本に投票したのです。あなた達に投票したのではありません。

 荒井議員なんて,テレビで見てきた限りですが,最初から本当見え見えでしたね。いつものニタニタ顔をしながら,体全体から自民党に戻りたいという叫び声が浮かび上がっていました。議員を辞めなさい。議員を辞めて,自民党に戻ればいいでしょう。選挙民をバカにするな!

 田中康夫氏はこれにもめげず,本当頑張って欲しいですね。今回のことで,きっと同情票見たいのが発生するでしょうから,選挙的には少しはプラスになるでしょう。災い転じて福となるです。私としては,小政党に甘んじるよりも,民主党の中で活躍してもらいたいと思っていますが,新党日本での今回の選挙への参戦には,彼一流の計算があるのでしょう。

 風見鶏か。私の会社でも風見鶏ばっかりです。上司の顔だけ見て仕事する奴らです。軸なんて,どこにもありません。でも,得てしてそういう奴らは,私の会社ではドンドン出世してしまいますね。嫌になってしまいます。見るに堪えない奴らです。会社は二の次なのです。俺はこの風見鶏って奴ら,子供の頃から大嫌いなのですよ。俺のような人間を,別名融通の利かないとも言うでしょうが,今更自分は変えられません。従って,会社では・・・です。

 まあいいか,会社のことは。小さいことです。それこそコップの中です。でも,政界では個人的な利得のために風見鶏を決め込むのは社会を悪くしますよ。政治家にはもっと軸をしっかりと持って欲しいです。軸のしっかりした政治家である,小沢一郎氏とか,田中康夫氏とか,石原慎太郎氏などのような政治家を私は好きです。選挙民の皆さんも,その辺のところよく人物を見極めて選びましょう。そうすれば,世の中が明るくなります。ハイ!
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久間防衛大臣辞任です

 新聞の号外が出たようですが,久間防衛大臣が辞任しましたね。これ自体は賢明な判断です。しかし,安倍首相自体は表面上大きな失点はないものの,周囲は随分とずっこけたものです。これで,9ヶ月間で3人の大臣が交代したことになります。任命責任が取りざたされていますが,その他にもいろいろとマイナスの事象がありますから,この内閣は完全におしまいですね。

 しかし,首相というのは大変な職業ですね。衆議院があれだけ圧倒的優位ですから,何の不自由なく政局運営ができそうな気がしますが,そうではないのですね。交代した3人の大臣はいずれも論功行賞による人事だそうですね。自分に近寄ってくる人間を良い人と悪い人に区別するのは極めて難しいということです。他人にチヤホヤされていると,どんな人間でも舞い上がってしまいますから,冷静な判断はでき難くなります。安倍首相は良い経験をしたということです。これで魂のステージがひとつ上がるのです。

 安倍首相には次の機会に今回の汚名を晴らしてもらいたいものです。今回の辞任劇も含めた諸々の出来事を端的に言えば,首相に経験が足りなさ過ぎたということです。私は自民党を支持してはいないですが,これで一丁出来上がりでは勿体ない人材かと思います。お爺さんの岸信介並に老獪さを身に着けて,いつかは再登板していただきたいと思います。政界の活性化のためには必要な人材でしょう。

 政界は流動化しそうですね。本当,圧倒的に優位な立場に自民党があるにもかかわらず,流動化してきました。今日の事態は誰が予想したでしょうか?たぶん,自民党にはおごりがかなりあったのでしょう。気持ちが緩みっぱなしに見えます。これは我々にも言えることです。良いときほど気持ちを引き締めなければいけません。そうしないと転落の道が待っています。常になだらかな場所だけとは限りません。一寸先は闇,一寸先は崖なのです。

 民主党には絶好のチャンスになりました。小沢さんであれば,参議院に大勝すれば,自民党の中に手を突っ込むでしょう。自民党も,民主党も,不整合な部分がありますから,離散集合が活発化し,政界再編が進展するでしょう。自民党は変われなければ,かつての社会党になります。小泉さんは出てきますかね?出てきたとしても,選挙民はいろいろと学習し,進化していますから,かつてのブームは起きないでしょう。面白くなってきました。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改正国家公務員法も成立・・・

 改正国家公務員法が30日未明,自民党,公明両党などの賛成多数で参院本会議において可決・成立した。採決前に民主党,社民党,国民新党の野党3党は退席したため,賛成121票は反対10票だった。国会は会期末まで5日間を残して,事実上閉幕となった。

 本件に関する国会でのやり取りはテレビで報道されているとおりで,またまたまたもや,与党の強引さだけが目立つ結果となりましたね。細かいことはほとんど理解していないのでよくわかりませんが,全体的なイメージとして,国会がこんなことでいいのかという気がします。類似パターンが連続して展開されていて,国会が機能していないという感じがします。

 参議院選挙ですか。まあ,自民党は大幅に後退するでしょう。久間防衛大臣の実にタイムリーな発言もありましたからね。でも,自民党が参議院で大敗しても,衆議院は圧倒的に自民党が多数のままなのですよね。そうすると,国会運営は今よりももっと強引になるのでしょうねえ。参議院が少数派となることで,困ることは困るでしょうが,否決されても,衆議院で最終的に可決すればいいわけですから,何事も衆議院の圧倒的な数で押し切るような形になるのでしょうか?

 政界再編に向けて動き出すと面白いですね。仮に上記のような運営法では歪ですよね。衆議院は何とかならないでしょうか?圧倒的に優位な状態の自民党を割って出る人はいるでしょうか?あまり考えられないですね。世のため,人のためを考えて,最善の選択をして欲しいですね。公明党にも言えることです。公明党は今のままでいいのでしょうか?自民党とのかみ合わせは悪くなっているのではないでしょうか?流れを変えるためにも,連立を再考して欲しいですね。自民党の政権は長過ぎます。そろそろではないでしょうか?

 まもなく参議院選挙は始まります。今回の選挙はいつもの選挙と違って,関心は高いでしょう。我々は知るべきです。我々が世の中を変えることができることを。選挙民の行動はかなり変わってきています。今回は大きな節目になるかもしれません。選挙によって,世の中を明るくしましょう。今我々が世の中のためにできる最も効果的な手段ですよ。よく考えて,流されないで,しっかりと行動しましょう。そう,あなたはできるのです。あなたの行動で世の中は明るくなるのです。ハイ!
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猪瀬直樹氏が都副知事就任を受諾

 猪瀬直樹氏の都副知事の就任受諾を受け,石原慎太郎知事が猪瀬直樹氏を副知事に起用すると正式に発表した。

 これは実に良いことです。初めて聞いたときは青天の霹靂で驚きましたが,これで最強,最良のコンビ誕生です。さすが石原慎太郎都知事です。3期限りでの引退を明言しているので,締めくくりに良い選択をしましたね。老醜をさらすケースが散見される中で,これがまさに晩節を汚さずということです。素晴らしい。彼らしいです。人間としてのスケール,ものが違います。

 猪瀬直樹氏と言えば,最近では小泉内閣の行革断行評議会のメンバーや道路関係四公団民営化推進委員会委員に就任するなど大活躍している論客です。道路公団以外にも特殊法人・政府関係法人の民営化等を主張する姿勢をとっているおり,その主張には大いに賛同できます。私の好きな評論家の一人です。東京都の住民のために副知事の役割を担ってくれるでしょう。

 私は近い将来,何らかの形で農業ビジネスに関わって行きたいという強い願望を持っています。猪瀬氏は農業に関しても一家言を持っているのですが,その主張に関しても私の考え方とオーバーラップする部分が多いのです。ですから,私は常日頃から猪瀬氏の動向に注目し,出演するテレビはできるだけ視聴し,私自身の今後の進路のための参考にしています。

 都政に関する焦点のひとつは,次の知事は誰になるかですね。今回の報道を聞いたとき,“石原都知事は次のことも考えたな”と直感しました。一般論としては猪瀬氏が次の知事にふさわしい旨の発言を石原都知事はしているようですが,心中はいかにですね。猪瀬氏本人は後継を否定しているようですが,猪瀬氏のこれまでの行政とのスタンスを考えると本音でしょう。でも,やってみた方がいいかもしれません。本人が気づいていない才能=行政のトップとして能力があるのかもしれません。私としてはやるべきだと思います。これまで築き上げてきた理念を実現する格好のチャンスです。 世の中を明るくするでしょう。この4年間の動向を見守りたい。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党に逆風で民主党攻勢に

 各方面のアンケートで自民党の支持率が下がってきましたね。一方,民主党はようやく上昇傾向にあります。原因は言うまでもなく,亡くなった某前農相に関わる一連の疑惑や年金支給漏れ。

 安倍首相は外見が素晴らしく良いですよねえ。“少なくとも外見は外に出しても恥ずかしくない首相”とうちの細君が褒めていました。私もそう思います。今はまだ首相としては成長段階にあると思いますが,将来的には立派な総理大臣になる素質は十分あると思います。でも,このところの動きを見ていると,どこまで自ら指示しているのかはわかりませんが,表面に出たものだけで判断すると,あたふたしていて,何をするにつけても稚拙に見えてしまいます。何ですか,あの強行採決は。国民の感情を理解しているのですかねえ。

 自民党の政権は長いですよねえ。戦後の大半は自民党ないしは自民党主体の連立政権です。何事も同じだと思いますが,同じ立場に長くいると,どうしても膿みが溜まります。清廉でいたいと思っても,どうしても腐敗します。大胆に妄想すると,今日の首相や自民党のあたふたは長期政権による膿みや腐敗の影響じゃないですか?首相がいくら理想高く思ってもどうしようもないところがあるのでしょう。

 ずばり言うと,今の混迷を改善するには政権交代しかないと思います。政権交代することで,膿みが外に出るでしょうし,腐敗も是正されます。あまりにも今の政権は長すぎます。公明党もそろそろ世のため,人のために自民党との連立を見直してはどうでしょうか?元々公明党は政策的には民主党に近いわけですから,さほど民主党との連立の相性は悪くないはずです。自民党との連立を解消されれば,いずれ近い将来政権は容易に変わるでしょう。仮に小泉前首相が総裁に復帰したとしても,自民党単独ではもはや大して勝てないはずです。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天3連勝,5割!

 東北楽天ゴールデンイーグルスが浜松で中日ドラゴンズと対戦し,4対2で逆転勝ちした。これで3連勝。勝率を5割とした。

 やったぜポン!ルンルンルンでポン!勝ちましたよ。楽天が。逆転勝ちで3連勝。結果,な,な,なんと5割でポン!あああああ・・・・・なんと素晴らしいことでしょうか。感激です。これって,夢でしょうか?否,否,否。現実そのものです。しかも,相手はあの強敵中日ドラドラドラ5ズですよ。嬉しくて,頭が錯乱気味,否,錯乱していま〜す。

 このところ,世間は何とか大臣が・・・とか,ZARD・坂井泉水さんのこととか,年金の問題とか,ろくな話題ばかりですが,仙台近辺では楽天のこの話題が一番世の中を明るくします。いや〜あ〜,本当素晴らしいです。5割だポン!野村監督,万歳!あんたは最高だ!

 田中将大投手は勝ち星が付かなかったのは残念だけど,先発としての仕事はきっちりしています。今はこれで良しですよ。若いときは楽しないで,いろいろな意味で鍛えておいた方が,後々大きな花が咲きます。だから,勝ち星が付かなかったことも,まことに良いことなのです。近来まれに見る良い若者ですね。笑顔がとても良い。うちの細君も田中投手のファンですぞ。ハンサムなハンカチ王子のファンかと思ったのですが,田中クンの方が良いみたいです。

 優勝がさらに現実に近づいてきましたね。もしかしたら優勝・・・って思う人は増えてますよ。間違いない。ベンチの雰囲気が良いっすものね。今日のように接戦を逆転勝ちなんて,優勝する球団がすることですぞ。いずれ岩隈投手が帰ってきて,バカスカ勝ち続けるでしょうし,田中投手は飛躍的に短期間で成長するはずなので,こちらもまたビシバシ勝ち続けるはずだし,マイナスの要素ありません。皆様,もしかしたら・・・ですぞ。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松岡農相は従来の答弁

 『衆院予算委員会で,民主党は松岡利勝農相の光熱水費問題を取り上げ追及したが,農相は「法律に基づき適切に報告している」と繰り返し,過去にさかのぼっての詳細公表にも応じない考えを示した。』

 久々に松岡農相の出番が来ました。相変わらずです。この件は簡単な話で,ちょっと説明すれば済む内容なはずです。説明できないということであれば,それは誰が考えても不適切なことをやっていたということになります。呆れてしまいます。ここまでズルズルと来てしまいましたが,安倍首相が松岡農相を擁護したとのことなので,たぶんこのままうやむやにされて,この“ナントカ還元水”の話題は消えてなくなるのでしょう。とてもおかしな話なのですが,もうこうなると,選挙民が選挙で判定するしかないのでしょうか?

 世の中のことを考えたら,松岡農相は辞めるべきでしょう。こんなことがまかり通ったら,すなわち大臣とあろうものが,嘘を押し通すということから,どんな悪影響が出るのか計り知れないものがあります。誰のために大臣をやっているのでしょうか?誰のために政治家をやっているのでしょうか。世直しのためにはけじめが必要です。ハイ!
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西田敏行“生涯ハマちゃん”を宣言

 『9月8日公開予定の「釣りバカ日誌18」の岡山ロケのマスコミ公開で,浜崎伝助役・西田敏行が“生涯ハマちゃん”を宣言した。』

 良い映画です。本当良い映画です。「男はつらいよ」も良かったけど,これは良い映画です。ただ単に楽しいのです。いろいろなタイプの映画がありますけど,ただ単に楽しいのが一番ですね。

 心配なのは,ひとつは西田敏行の体調です。見るからに,生活習慣病の塊のような体型をしていますから,もう少しだけ精進して体を絞ってほしいです。あまり絞ると,“ハマちゃん”でなくなりますから,少しだけでいいですよ。私も同体型なので,一緒に健康体になりましょう。

もうひとつは,スーさん役の三國連太郎の年齢です。84ですか。凄いです。とてもその年齢には見えません。私の三國連太郎のように老いたいものです。でも,確実に老いは進みますから,体に十分に留意されて,いつまでも“スーさん”を続けていただきたいものです。もはや,他の人では“スーさん”は務まらないですよ。いつまでもお元気で。

 それから,それからもうひとつ。 “ハマちゃん”の上司役の谷啓を忘れていました。この人がまたいい味出していますよね。仲間の植木等が亡くなったから,結構ガックリ来ているかもしれませんが,谷啓なしの「釣りバカ日誌」になんて見たくないです。彼がいないと成り立たないです。いつまでも活躍してほしいです。

 ついでに要望をもうひとつ。“ハマちゃん”の奥さん役を浅田美代子がやっていますが,彼女は彼女で,またいい味出しているので,現状でもいいのですが,できれば石田えりに戻してもらえないでしょうかねえ。良かったなあ,石田えりの奥さん。私の憧れでした。“あんな奥さんいたらいいなあ“といつも思っていました。なんで交代したのでしょうか?「遠雷」以来のファンですから,私は。私生活ではいろいろとあるという話は聞こえてきますが,そんなのどうでもいいから,復帰できないでしょうかねえ。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城野親方が愛人に八百長告白?

 『白鵬の師匠にあたる宮城野親方(元十両金親)が21日発売の「週刊現代」で,八百長の存在を愛人に告白しているとのこと。』

 八百長は繰り返し話題なりますね。はっきり言って,くそ面白くない話題です。(暴言失礼)不愉快になります。そこに愛人が出てきて,どうのこうの・・・聞きたくないですね。「週刊現代」もこの話題を報道するのは商売上のことでしょうが,俺はこの記事載った雑誌もう買わないよ。昔は買っていたけど,これだけ繰り返されると,もう読む気起きません。“大相撲って,スポーツではなく,こんなドロドロした世界なんだ”と思えばそれで済みますよ。だから,もう追求するのはやめた方がいいです。たぶん他の人もそう思っていると思いますよ。

 大相撲の世界というのは,変な社会ですよ。まず,中をみれば不健康な体型の若者がゴロゴロいますよね。フランスのサルコジ大統領じゃないけど,“何であんな不健康な体してるの・・・”って思う人がこれからは増えると思います。近代スポーツとは異質なものであり,このままでは見向きもされなくなるかもしれません。

20台で横綱になった若者が,人格がどうのこうのと無理難題を言われるし,家庭との分離が曖昧な部屋制という,システマティックな他のスポーツの育成システムに馴染んだ現代人にはわかり難い制度があるし,土俵上で感情をあらわにするととやかく言われるし,その他諸々で何だかわけがわからない世界です。そこにきて,親方の愛人が出てきて八百長をちくる?“いい加減にしろ!”です。ちくる方もちくられる方もアウトです。

 解決策は?要は,スポーツとして,格闘技として,近代化するだけです。体型制限は最低限必要ですよ。ただのでぶは土俵に上げないということにすればいい。健康体のものだけが相撲を取るということです。それから,現在の部屋制は完全廃止。日本相撲協会主導で適格者を指導者に任命し,チーム化を図ればいい。などなどいろいろあります。大相撲を永続させるためよろしくお願いします。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首長3選以上禁止は「合憲」

 『総務省の「首長の多選問題に関する調査研究会」の報告書概要が明らかになり,その中では,知事,政令市長,その他市町村長の3選以上を法的に制限することは,憲法上許されるとの見解を打ち出すとのこと。』

 久しぶりにこの世界の話として画期的な内容と言えます。是非,多選制限の法制化まで踏み込んで欲しいものです。人材はたくさんいますから,2期8年やれば十分ですよ。どうして長くやれば,人間社会は知らず知らずのうちに腐敗しますよ。役所だけの話ではありません。政界でも,会社でもどこでも同じです。

 本件を主導している菅義偉総務相という方は,何かと話題には事欠かない人ですね。えーと,話題になったのは,NHK国際放送への命令,それから宮崎県知事選での持永哲志への支援を呼びかけ,NHK受信料義務化・値下げに関する発言,「ナントカ還元水」問題についての答弁,日本郵政公社総裁の解任などでしょうか。一部変なこともありましたが,仕事熱心な方という印象です。硬派の大臣です。最近の大臣には珍しいかもしれませんね。反論を受けるのを省みずに突進していくところがあります。自民党の大臣ですが,私は大いに評価します。

 次の代の総務相が事なかれ主義の人になると,元に戻りかねないので,任期中に今回のこの首長の多選禁止の件は法制化まで踏み込んで欲しいです。闇の部分が少なくなる分,世の中が明るくなりますよ。菅総務相,よろしくお願いします。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カズ,参院選出馬せず

 横浜FCの三浦知良選手が自民党からの比例代表出馬のオファーを断ったようですね。カズ,お前は良い男だ。真の男だ。立派そのもの。午前中にネットのニューズでカズの参院選への出馬の旨のニュースが流れたとき,このサイトで”絶対止めなさい”と書くつもりでした。どうしてかは言わずもがなだ。

 議員としてもしっかりと仕事をするとは思うが,カズにはサッカーが一番合っている。サッカーの世界で全うして欲しい。5月12日に書いたとおり,今のカズがどれだけ世の中に感動を与えているか,計り知れないですよ。これからさらに輝きを増すでしょう。今まではファンとは言えなかったが,今回の件で私はカズのファンになった。地元のベガルタ仙台と共に,カズ選手個人の熱烈なファンになった。

 出馬を承諾すれば,自民党は落ちる順位には置かないだろうから,議員はほぼ間違いでしょう。”先生”として,地位も,名誉も,それなりの安定した収入も得られたでしょう。にもかかわらず。サッカー少年の夢を捨てなかった。う〜ん,感激です。ブラジル時代のカズの写真を見たことがあるけど,あのときの目の輝きと今ってイコールなんですよね。見習わなければなりません。私も子供の頃の夢を捨てないで,夢を叶えます。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参院補選,民主党残念!

 『参議院補欠選挙の結果は,福島が民主党の増子輝彦氏,沖縄が自民党,公明党推薦の島尻安伊子氏が当選した。』 

 沖縄では民主党は残念な結果に終わりました・・・小沢さん以下,民主党の皆様,かなり力を注いだだけに本当に残念です。いつまでも残念がっていても仕方ないので,気分を変えて政権奪取に向けて再発進です。GO!

 島尻安伊子氏というのは沖縄の人かと思ったら,なんと仙台市出身だそうですね。びっくりです。しかも,元々は民主党だったそうで,2度びっくりです。これ以上のことは知らないので,この方について特にコメントありませんが,何かしら人を引きつけるものがあるということでしょう。このように,女性が国政にもドンドン参加するというのは,大変好ましいことです。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参院補選,沖縄で舌戦

 安倍首相と小沢一郎民主党代表はそれぞれ,22日投票の参院沖縄補選の応援のため沖縄入りし舌戦を展開。選挙戦は激しく競い合っており,両陣営共マイクを握る手に力を込めていた。

 注目すべき選挙です。これで民主党の真価が問われるでしょう。先の統一地方選の結果の意味がわかります。

 小沢さんには頑張って欲しいです。当面彼しか政権交代を実現できる人材はいないと思います。今のような,政権政党がほとんど同じという状況は社会のために良くありません。政権交代は必要です。

 民主党は何だかんだ言われても,政党として成長していると思います。菅さんや鳩山さん以外にも有能な人材も沢山育っているはずです。是非この選挙をものにして,次の参議院選の大勝利,そして衆議院選での政権交代を実現して欲しいです。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

44道府県議選で民主党躍進 その意味は?

 8日投開票の統一地方選で,民主党は知事選で振るわなかったが,44道府県議選では大幅に議席を上積みし,375議席を獲得した。一方,自民は1212議席で、前回よりも減少した。民主の党勢拡大が目立つ結果であった。

 ネタとしては,もう旬をはるかに過ぎた感じがしますが,今回の選挙結果は極めて興味深いものがあると思います。あまり世間では話題になっていないようですが,私は注目しています。

 選挙民の投票行動に大きな変化が起きているように思います。これまでは,自民党に入れておけば大丈夫だというような人がかなりいたと思いますが,そういった流れが小さくなっているのではないでしょうか?

 民主党の小沢さんのことを評価する声があまり聞かれないようですが,無論彼一人でやっていることではありませんが,彼らの地道な努力が実を結んできていることを示す今回の結果を,私としては大いに評価したいと思います。民主党は明らかに選挙民の選択枝になってきています。

 一方の自民党はどうでしょうか?かつて中枢であった支持者が高齢化していますね。衆議院選や参議院選で公明党の協力がなくなったらどうなりますか?たぶん今のままでは悪夢のような結果になります。間違いなく。次々と連立相手に他党を取り込んで体力を維持しているだけで,自体の体力強化は図っているのでしょうか?
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都知事選,石原氏が圧勝

 東京都知事選は,自民,公明両党から支援を受けた現職の石原慎太郎氏が,民主党などが支援する元宮城県知事の浅野史郎氏に100万票以上の大差をつけ,3選を果たした。圧勝であった。

 ”やっぱり”という結果ですね。ものが違います。まあ,何をやっても,何事も上手く行くという人ですね。石原氏は。あの育ちの良さには人は惹かれます。

 浅野氏の結果はあんなものでしょう。ただ,都知事選を活性化したという点では評価できるかな?出馬してなかったら,実質無競争でしたからね。石原氏に危機感を持たせたという点でも存在意義はあったということでしょう。

 私としては,今までどおり,宮城県でご意見番として活躍して欲しいと思っています。適所適材ですよ。都知事候補としては,ちょっと違和感があったかもしれません。 
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄型テレビ新商品相次ぎ発売

 ソニー,シャープなど家電各社,家庭での「2台目需要」を当て込んだ薄型テレビの新商品を相次ぎ発売。

 私はまだ薄型テレビを所有していません。昨年15年ほど使用してきたテレビが,突然壊れてしまったので,ブラウン管テレビを購入したばかりです。壊れたテレビの購入価格は25万円位したでしょうか?新たに買ったテレビは同じ大きさなのに3万円ちょっとでした。凄いものですねえ,この価格の変遷は。

 薄型テレビの価格はだいぶ下がってきましたね。でもまだまだ買いません。10万円まで下がったら,大画面のを買おうかなと思っています。

 ソニーの製品は魅力的かもしれません。LANケーブルでつないで情報をやりとりする機能「ソニールームリンク」を付けたとのことですが,これってパソコンとも連携するのかな?もしそうだったら,予定を変更して買おうかなあ。ちょっと調べてみます。
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都知事選の主要候補がテレビ討論

 都知事選の主要補である石原慎太郎都知事,前宮城県知事の浅野史郎氏,共産党推薦の吉田万三氏,建築家の黒川紀章氏が,日本テレビ系の「ウェークアップ!ぷらす」,フジテレビ系の「知的冒険ハッケン!!」で討論。

 とても面白い論戦でした。マニフェストがどうのこうのとか,オリンピックの招致をどうするのこうするのとか,首都機能がなんだかんだとか,よくわからないことばかりなので,個別の政策には何も言うことはありませんが,テレビ討論の印象だけコメントします。

 石原知事が良かったですね。他候補に比べて際立っていたと思います。私は石原氏のファンではありません。著書も読んだことはありません。好きも嫌いもないですが,あの人間としてのダイナミックさは魅力的です。

 私は宮城県民なので,浅野史郎氏のことは多少知っています。やや支持していたというところですか。だからというわけではわりませんが,彼のあの生真面目さも捨てがたいところがあります。

 宮城県での実績については賛否両論あります。県の財政が悪化したというのは大いに気になるところですが,流れを変えたという点が評価されてか,今でも地元では人気があります。東京もこのままでは良くないというところが沢山あるでしょうから,それらを改革するには適材かもしれません。外から来た人間でないとできないことって結構あると思います。

 ”じゃ,どっちがいいの?”と聞かれると,やはり石原氏ですね。高齢なのが少し引っかかるけど,彼ならあと一期は十分やれるでしょう。いつまでも頭脳が柔軟ですよ。どうなりますか? 
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。