経済 キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

ソフトバンク,また携帯純増No.1に

 社団法人電気通信事業者協会の8月7日の発表によると,平成19年7月末現在の携帯電話の事業者別契約数は,累計第1位がドコモで52,927,100件,第2位がKDDIで28,900,600件,第3位がソフトバンクモバイルで16,665,300件,また7月の純増数第1位はソフトバンクモバイルで224,800件,第2位がKDDIで191,200件,第3位がドコモで81,400件になっているとのことです。ちなみに,携帯の総契約数は98,553,200件です。
(参考資料:社団法人電気通信事業者協会のホームページ)

 ソフトバンクモバイルの快進撃が続いていますね。これで3ヶ月連続純増数は第1位です。ソフトバンクモバイルはドコモやKDDIの料金プランに対しては常に後出しじゃんけんを挑んでいますよね。無論,後出しですから,ソフトバンクモバイルの方がドコモやKDDIに比べて,料金的には有利になっています。孫社長はよくやりますね。やられた方はきついでしょう。でも,仕掛けているソフトバンクモバイルの方も経営的には厳しいのでしょうねえ。我々にとっては大歓迎ですが,どこまで行くのでしょうか?

 CMの効果も大きいですね。上戸彩さんを起用した「白戸家の人々」のCMは極めてユニークで,ソフトバンクモバイルのユーザーでなくても興味を持ちます。キャメロン・ディアスさんのCMも実にクールです。制作者のセンスが光りますね。それに対してドコモのCMは何でしたっけ?思い浮かびません。見ているはずですが,私の頭の中には全く残っていません。KDDIはやはり何でしたっけ?ドコモよりは少しは印象が断片で残っていますが,具体的には忘れました。

 まだまだ契約総数ではドコモが圧倒的なシェアです。会社としての体力もたぶんダントツで第1位じゃないでしょうか。しかし,ドコモユーザーとしてはこんな状態が続くと浮き足立ちますね。実際,携帯キャリアを変えたいという気持ちはあります。料金はもっと競争して,現状の半分くらいになって欲しいです。そしてサービスの質です。サービス的では,感覚的にKDDIが良いという印象を持っていますが,具体的なものではありません。変えるとすれば,2年間の継続契約する前ですか?さて,どうしたものでしょうか?
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモ基本料金を対抗値下げ

 NTTドコモが,契約期間を2年間として基本料が初年度から半額になる新しい料金プラン「ファミ割MAX50」と「ひとりでも割50」を導入する。

 この前,KDDIが基本料金半額の新料金プランを9月1日から導入すると発表したばかりですね。ちょっとだけ間が空きましたが,今回のドコモの新料金プランはその対抗措置です。携帯キャリア各社の値下げ競争が随分と激しいですね。ドコモとしてはただでさえ顧客が離れてきていますから,もはや下げるしか選択肢はないですよね。今の料金プランのままでいたら,KDDIかソフトバンクモバイルへの変更は雪崩のように進むでしょう。実は私もドコモから他社に変えようかと思っている一人で,この前KDDIが値下げを発表したときはかなりグラグラきました。このサイトの記事にしたとおりです。

 ドコモのホームページによれば,「ファミ割MAX50」と「」は8月22日からサービスを開始するとのことで,8月1日より店頭・電話にて予約受付開始するとのことです。私はタイプSですから現状の月額基本料金は4830円ですが,「ファミ割MAX50」ではこれが2415円になります。無料通話分の2100円はそのままに利用できます。私の場合,現状で既に30%以上基本料金が割引になっているので,差額は大したことないですね。どうしようかな?まだ下がるでしょうね。仁義なき戦いではないでしょうが,まだまだ下がるような気がします。新料金プランで契約すると,他社へ移る場合は解約金・税込で9,975円が必要になります。将来的な値下げを見越して移るべきか止まるべきが悩ましいです。今の契約のままで半年くらい様子を見ますかね。

 携帯各社の料金競争が激化する中,魅力ある新料金プランがあれば,携帯会社を変更しようと思っている人は多いでしょう。携帯電話の料金は固定電話に比べるとはるかに高いわけですから,まだまだ下がっても良いような気がしますが,限界はどこにあるのでしょうか?なかなか見極めは難しいですね。いずれ一人が複数の携帯を所有する時代が来ると思うので,以前も書きましたが,もっと劇的に料金を下げて欲しいものです。現状では高過ぎます。NTTドコモ様,KDDI様,ソフトバンクモバイル様,よろしくお願いします。その方が世の中が明るくなります。ハイ!
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のコメ,中国で販売開始

 中国の北京と上海で日本産コメの販売が始まった。

 日本国内の各メディアでも大々的に報道していましたね。テレビで見る限り,人が殺到しているような映像でしたが,実際はどうなのでしょうか?というのは,中国での値段がやたらと高いのです。2kgで日本円にして3000円くらいです。中国産のコメの20倍以上だそうです。まあ,この値段では日本ではいくらなんでも売れませんね。我が家では私がコメを買う担当なので間違いないです。2kgに3000円は絶対出しません。何せ私は美味しいと言われている地元の“ひとめぼれ”や“ササニシキ”は滅多に購入せず,安い北海道産の“きらら397”を主に購入しているくらいですからね。でもこの“きらら397”という品種は美味しいですよ。安くて,美味しいから,宮城県に住んでいても“きらら397”です。

 あのような高価なコメが今後も中国で売れ続けるのでしょうか?一年中食するものですからね。若干危惧しています。売れるのは最初だけになるかもしれませんよ。美味しいことは美味しいでしょう。でも,中国ではすでに日本から持ち出した “ひとめぼれ”や“ササニシキ”の 種子を増殖して,それ元を元にして生産したコメが売られているのです。コメの味というのは,栽培する場所で異なりますが,中国は広いですから,適地はいくらでもあるでしょう。こんな中国原産のコメと今回のような輸出したコメが競ったら結果は明らかですよね。したがって,コメの販売価格はどうしてももっと下げなければなりません。

 食の安全性に関しては,間違いなく日本のコメに軍配が上がります。中国からの食品に重金属が・・・とか,残留農薬が・・・という話は時々問題になりますよね。上海の市場に出荷される揚子江デルタ周辺から収穫されるコメは,国際基準の15倍のカドミウムが検出され,有毒米という異名が付いているとの情報もあります。真偽のほどはよくわかりませんが,今のところ,中国では安全性に関する意識がルーズであることは間違いです。中国政府はこの職の安全性に関する対策に必死でしょう。でも,人口があの人口です。とても一人ひとりを一度に啓蒙はできません。関係者全員の意識が高まるまでは時間がかかります。

 一番良いのは,日本のコメの価格を中国並みの価格で生産できるようにして,中国の富裕層だけでなく,国民全体にも安全な日本のコメを食べてもらうことです。そうすると,日本の転作田や耕作放棄田が有効利用されることになるので,お互いが助かります。Win-winの関係になります。まあ,現在の日本のコメの生産コストを考えると夢のような話です。世の中を明るくするため,この食の分野でも何か良い方法はないものでしょうか?
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

液晶TVの出荷が絶好調

 2007年1〜6月の民生用電子機器国内出荷実績は,液晶テレビが前年同期比130.4%の308万台で,テレビ全体の約8割を占めたのに対して,プラズマテレビは前年同期比132.9%の39.5万台であった。大画面の製品だけでみても,液晶テレビは37型以上が68.5万台で,プラズマテレビの全出荷量よりも多かった。ちなみに,プラズマテレビの44型以上は5.8万台の出荷に過ぎなかった。
(以上の記事は社団法人電子情報技術産業協会のホームページを参考にしました。)

 大画面テレビの購入を検討していますが,液晶テレビにしようか,プラズマテレビにしようか迷っています。細君が“買って!買って!”とうるさいのです。でも,もはや世の中の流れは液晶テレビなのですね。よく売れている方がメーカー同士で競争しますから,性能が向上するだろうし,価格ももちろん下がりますよね。プラズマテレビを得意として松下電器も大画面の液晶テレビを出すそうです。もう勝敗は決まりましたね。これから液晶テレビの開発がどんどん進展するでしょう。

 ところで今どのくらいの値段で売られているのでしょうか?価格.comで調べてみると,おおおおおお・・・・・42型で20万円切っているものもあるのですね。買うべがな?もう少し待つべがな?まだ,まだ価格は下がりそうですね。年末になったら,52型でも25万円を切っているかもしれませんね。細君の“買って!買って!”コールを聞くのは嫌だから,そろそろ買おうかな?迷います。

 ところで昨年買ったブラウン管テレビと同じ大きさの32型液晶テレビはナンボでしょうか?何,何,何・・・10万円前後だぞ。むむむむむ・・・これで我慢しようかな。細君にこれを買ってやって黙らせようかな?

 しかし,液晶テレビは本当,安くなりましたね。地デジ対応の絡みがあるので,拙宅でもマジで購入を検討する時期になりました。なかなかどれにしたらいいか結論が出ません。たぶん,どうせ買うなら大きい方がいいので,50前後の型を買うことになると思います。どうしようかな?皆さん,どうですか?大画面液晶テレビを購入して,まずは家の中を明るくしましょう。ハイ!
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDDIが基本料半額の新料金へ

 月額基本料が半額になる携帯電話の新料金を9月1日から導入するとKDDIが発表した。

 えっ!という感じですね。ドコモより料金的に優位なところがあれば,携帯キャリアを変えようと思っているので,大いに興味深いニュースですね。現状ではどこが一番いいのでしょうか?半年くらい前にドコモショップで聞いてみたら,大きな差異はなかったので,手続きが面倒なこともあり,そのままドコモで継続しています。

 現在はどうなのでしょう?ソフトバンクモバイルは,テレビCMなどお使って激しく攻めてきていますが,きっと基本料金的には安いのでしょうね。そう言えば,ドコモも6月末に割り引きプランの拡充を発表したばかりですよね。今回のKDDIの新料金プランはそういった他社の値下げ攻勢に対する対抗措置ですね。グラグラっと来てしまいますね。変えるならばKDDIのAUと思っているので,明日ヤマダ電機に行って端末を調べてみようかな?

 ところで,この記事を書いていたら,ソフトバンクモバイルが,KDDIの新サービス発表を受け,対抗サービスの「新・自分割引」を発表しましたね。素早い対応で驚きました。1日も経っていません。あの孫という経営者は素晴らしいですね。凄いです。経営者たるものこうでなければなりません。この人,天下を取とりますね。

 あまりにも対応がいいので,新サービスの内容を紹介します。この「新・自分割引」というのは,2年単位での継続利用が条件で,利用年数に関係なく,加入当初から基本使用料を一律で割引するサービスで,たとえばオレンジプランというプランでは,基本使用料が初年度から50%割引となるとのこと。(参考資料:ソフトバンクモバイルのホームページ)

 KDDIを評価しようと思って書いた記事ですが,ソフトバンクモバイルを評価する記事になってしまいました。でも,実際はどこが最も安いのでしょうか?たぶん極端には差異がないのでしょう。超格好いいキャメロン・ディアスやブラット・ピットのファンでもあるので,考え方を大転換して,ソフトバンクモバイルに変えようかな?

 今の携帯電話の料金はまだまだ高いので,この種の値下げ競争は大歓迎です。次はドコモの番ですね。どういったプランをぶつけてくるか対応が楽しみです。一番守勢に回っている会社ですから,抜本的,画期的な内容となるでしょう。たぶん。携帯電話は,もう少し料金が軽い方が世の中を明るくしますよ。料金が下がれば,2台所有なんてことも一般的になるかもしれませんね。ハイ!
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ,世界企業番付で6位に

 『2007年のFORTUNE GLOBAL 500で,トヨタ自動車が6位に位置付けられた。その他掲載された主な日本の企業は,37位のホンダ,40位のNTT,45位の日産自動車,48位の日立製作所,59位の松下電器産業,69位のソニー69位など。(参考資料:2007年のFORTUNE GLOBAL 500)』

 トヨタ自動車は前年の8位から,2つランクアップです。ベストテンは以下のとおりです。

@ウォルマート・ストアーズ
Aエクソンモービル
Bロイヤル・ダッチ・シェル
CBP
Dゼネラル・モーターズ
Eトヨタ自動車
Fシェブロン
Gダイムラークライスラー
Hコノコフィリップス
Iトタル

(参考資料:2007年のFORTUNE GLOBAL 500)

 トップのウォルマート・ストアーズ以外は石油会社か自動車会社で,堂々たる企業ばかりが並んでいますね。あのゼネラル・モーターズ(GM)まであと少しです。信じられますか?あのGMですよ。トヨタの売上高は2047億ドルで,GMは2073億ドルですよ。僅差です。トヨタが追い越すのは間違いありません。時間の問題という奴です。

 今乗っている車はホンダ製ですが,次はトヨタの自動車,できればレクサスの車にしようと思っています。ホンダも非常に良い会社ですが,一度はトヨタを試してみたいですよね。夢を与え続ける会社です。現在のキャッチフレーズは「Drive Your Dreams. 」,「人、社会、地球の新しい未来へ。」などですか。う〜ん,良い感じの言葉です。気持ちが明るくなります。これだけで買っちゃう人多いかもしれないですね。

 一体この先どこまで大きくなるのでしょうか?たぶん業種も自動車産業を基本に次第に拡大して行くでしょう。キャッシュが潤沢にありますから,何でもやろうと思えばできる経営体です。成功の大きなサイクルを高速で回転させています。いずれはトップになるのではないでしょうか?素晴らしいです。私としても,小さくてもいいから,こんな夢を与え続け,良いものを世の中に供給し続ける会社を経営してみたいです。ハイ!
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肥満改善薬売れ行き好調

 小林製薬の「ナイシトール85」などの肥満改善薬が売れ行き好調のようです。この肥満・便秘改善薬を含む肥満症・便秘改善薬市場は小売金額ベースで108億円と,前年度の4倍で,この「ナイシトール85」の場合は初年度売上げが,なんと35億円。あの赤いお腹がぷっくりと膨れた絵が載っている製品です。(以上,小林製薬のホームページにあるNews Letter No.8を参考にしました。)

 「ナイシトール85」という製品は,面白い赤いお腹の絵が目立つので,ツルハなどで見掛けていましたが,肥満改善薬とは知りませんでした。本当に効果があるの?あるのでしょう。でなければ,35億円も売れないですよね。典型的なメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の私としては,少々気づくのが遅かった気がします。実は私は高血圧,高脂血などで,先日医者から,“痩せなさい”と警告を受けたばかりなのです。高脂血は時々該当していましたが,いつの間にか高血圧症になっていたのです。ショック!降圧剤を飲むように言われました。ショック!ショック!最近の医療では,薬を飲まずに無理して減量などを行うよりは,降圧剤を飲みながら,体質改善を図った方がいいのだそうです。仕方ないですね。

 「ナイシトール85」の方は飲み始めるかどうか迷っているところですが,よ〜く考えてみると,まずは自力で体重落としてからですね。このままでは薬漬けになってしまいます。 ロート製薬でも「溜(た)まった脂肪を落とす」という薬を出していて,飲むだけで痩せられそうなので魅力的ですが,もう少し自助努力します。

 ところで小林製薬の話に戻すと,ビタミンCとかビタミンEなどのこの会社のサプリメントはよく購入するので,サプリメントの会社だと思っていたのですが,いろいろと名の知れた製品を出しているのですね。「命の母A」とか「熱さまシート」とかいろいろあります。「ブルレット」もこの会社の製品です。それから「アイボン」もですね。健康食品まで出してます。今回ホームページをよく見てみて認識を新たにしましたが,感じの良い製品をたくさん出しているのですね。この次からは,購読しているのにもかかわらず,ほとんど読んでいなかったメールマガジンを,隅々までよく読むようにします。ハイ!
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモが新製品(704iシリーズ)発表

 ドコモが704iシリーズ全8機種を発表したね。

 新製品各機種の主な特徴は以下のとおりです。

○D704i:コンパクトで,ワンセグを搭載
○F704i:薄型で防水性能を有し,海外でも使用可
○L704i:音楽が手軽に楽しめる「FOMAハイスピード」に対応
○P704i:薄型できれいに撮影
○SH704i:薄型でワンセグを搭載
○SO704i:イルミネーションとパネルが着せ替え可
○N704iμ:厚さ11.4ミリの超薄型
○P704iμ:厚さ11.4ミリの超薄型

(以上はNTTドコモホームページの報道発表資料を参考にしました。)

 失敗しました。5月に機種変更したばかりでした。今持っているのは,F703iです。ワンセグ搭載の機種が欲しいのです。903iシリーズにセンセグ搭載の機種がありましたが,価格が少々高いし,重そうだし,機能がたくさんあり過ぎるので,結局F703iにしました。シンプルで気に入ってはいるのですが,新機種が出ると目移りしますね。いっその事,あまり時間は経過していないですが,D704iかSH704iに変えてしまおうかなあ・・・

 NTTドコモホームページの画像を見る限り,端末のデザインはD704iの方が好みですね。スライド式で,扱い易そうです。前にSH701iを使っていたとき,いまいちだったので,変えるとしたら今回はシャープの機種は見送って,やはり三菱電機のD704iですね。シャープは良い会社で,好きなメーカーですが,どうも携帯は私の好みには合いません。ご免なさいね,シャープさん。他の家電製品はよく使っていますからね。

 しかし,携帯電話も次から次と魅力的な製品が出るので困ってしまいます。これまでは,3年に1回くらいの機種変更でしたが,期間が短くなりそうです。要望としては,年々老眼が進展していますから,画面だけ大きくならないでしょうか?ディスプレーが折りたたみで,広げられるなんてできないでしょうかねえ。できますよね。ゲーマーなんかにも受けると思うのですが,いかがでしょうか?

 それからキーボードも打ち難いです。そうだ!キーボードも広げられたらいいですけどねえ。“折りたたみ携帯”なんていうのできないでしょうか?重くなっちゃいけませんよ。あくまでも,薄型,軽量の“折りたたみ携帯”です。
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カネボウがクラシエとして再出発

 7月1日付けで社名およびコーポレート商標を,「Kanebo」から変更した「Kracie(クラシエ)」が,2日初めての営業日を迎えたとのこと。

 カネボウは1887年に紡績会社として創業した老舗企業ですね。今年で丁度120年経過しています。戦前の繊維産業は一昔前の鉄鋼や現在の自動車のような基幹産業で,その中でもカネボウは太平洋戦争直前には国内企業売上高一位だったそうですよ。だいぶ長い間ゴタゴタが続き,凋落した現在の姿から見ると信じられないですね。現在の日産ディーゼル工業は昔,鐘淵デイゼル工業といって,傘下にあったそうです。これも信じられないです。

 現在の「Kracie(クラシエ)」の事業の柱は,ボディソープ,シャンプーなどの日用品や基礎化粧品などの化粧品を提供するトイレタリー・コスメティックス事業,漢方薬を主体に,医療用や一般用医薬品を提供する薬品事業,菓子,海外食品,冷菓などを扱う食品事業の3本だそうです。

 「Kracie(クラシエ)」ですか,なかなか良いネーミングですね。「Kracie」のホームページの以下の会長のメッセージが掲載されていました。

<ここから引用>
 「Kracie」は、「四季の変化や日々の生活の中で、弊社グループ製品を通じてお客様の心を晴れにする。そんな健やかで、快適な楽しい"暮らしへ"」という弊社全社員の願い を込めて命名いたしました。日本の美しい四季の、その変化のなかで、人々が毎日営む大切な"暮らし"に徹底的にフォーカスし、「Kracie」の各製品を、今後展開いたします。
<引用ここまで>

 ここに来るまでさんざん苦労したでしょうが,以上のメッセージからは晴れやかな気持ちだけが伝わってきます。是非,かつての輝きを取り戻して欲しいものです。カネボウには,大学の同級生O君も在籍していましたが,今はどうしているでしょうか?まだ在籍されているのでしょうか?同じように,晴れやかな気持ちで7月2日を迎えたのでしょうか?気になります。

 企業の栄枯盛衰は避けられません。不運にもカネボウのように凋落しているときに在籍したらどうしますか?私は今のところ経験がないのでよくわかりませんが,きっと大変ですよね。でも本当に不運でしょうか?実は幸運なのですよ。人と違う経験ができるからです。諦めてしまえば,不運で終わりかねないのですが,人生を諦めなければ,それは幸運なのです。今,この文章を読んでいる人の中には,いろいろな立場の人がいるでしょう。私なんかも,必ずしも会社の中での立場は良いものではありません。はっきり言って,激悪です。でも,私は人生を諦めません。現状だけが全てではありません。これからも挑戦し,必ず成功します。皆さんはいかがでしょうか?
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・プレミアム・モルツ100万ケース超

 サントリーは,“ザ・プレミアム・モルツ”ブランドの月間販売数量が,100万ケースを突破したと6月28日に発表した。

 私は普通のビールはほとんど飲みません。普段飲むのは,発泡酒か『第三のビール』と呼ばれるビール風味アルコール飲料です。そして,ごく稀にプレミアムビールを飲みます。プレミアムビールで最もよく飲むのは,今回記事になっている“ザ・プレミアム・モルツ”です。実は,他の銘柄をあまりよく知らないのですが,たまたま買って飲んだら,なかなかイケルので,継続して飲んでいます。

 プレミアムビールとは何のことなのか調べてみたのですが,価格が高めに設定されているビールのことだそうで,販売されている銘柄は以下のとおりです。結構種類がありますね。

○ヱビスビール(サッポロビール)
○ザ・プレミアム・モルツ(サントリー)
○プライムタイム(アサヒビール)
○熟撰(アサヒビール)
○ブラウマイスター(キリンビール)
○ハートランドビール(キリンビール)
○ニッポンプレミアム(キリンビール)

 “ヱビスビール”もプレミアムビールだとは知りませんでした。この“ヱビスビール”も何回か飲んだことがあります。古くからあるビールですよね。嗜好的には私にはあまり合いません。その他,飲んだことがあるのは,“熟撰”と“ブラウマイスター”くらいでしょうか。私としては,やはり“ザ・プレミアム・モルツ”が一番好きですね。

 によれば,“ザ・プレミアム・モルツ”は,酒類・食品等のコンテストである「モンドセレクション」のビール部門で,最高金賞を3年連続で受賞したそうですね。普段あまり酒類は飲まない細君がこのビールを珍しく好むのです。万人に好まれる何かがあるのでしょう。近年,ビールも発泡酒もビール風味アルコール飲料もやたらと種類が多くて,何が何だかわけがわかりません。その中でも,“ザ・プレミアム・モルツ”は出色の存在ではないかと思います。

 ちなみに,“ザ・プレミアム・モルツ”がサントリーの商品だとは今日まで思いませんでした。メーカー名を見ないで飲んでいたのですね。実はサントリーのビールは飲まず嫌いで,ほとんど飲んでいなかったのです。サントリーさん,ご免なさい。
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テン・アローズの三屋裕子社長解任

 6月27日に開催された女性下着販売のテン・アローズ(旧シャルレ)の株主総会で,女子バレーボールのロサンゼルス五輪銅メダリストの三屋裕子社長が解任された。後任の社長には林勝哉元副社長が就任した。

 私がもはや書くまでもないでしょうが,創業家一族は世の中からは呆れた目で見られていますね。三顧の礼をもって迎えた人を,こういう形でさらし者にして解任するというのはいかがなものでしょうか?もう少し別のやり方があったように思います。たぶんテン・アローズには抗議が殺到しているでしょう。でも,これで知名度が飛躍的に向上して,一時的かもしれませんが,売り上げが激増するかもしれませんよ。あるいは社会的な信用を失って奈落の底に落ちるかですね。中間はないかもしれませんよ。

 2004年に三屋裕子氏がシャルレの社長と聞いて,ビジネスパーソンであれば,“おやっ”と思った人多いのではないでしょうか?会社経営の経験のない人がいきなり社長に就任ですよ。一般的に言えば暴挙ですよね。経営を改善するための手段として,うまく行く確率の低いケースです。要するに,創業家の目利きに問題があるのです。創業家には経営者としての能力に問題があるのではないでしょうか?まるで,個人商店のような判断です。今回も後任は創業家の林勝哉氏。元社長の林宏子氏も役職は何か不明ですが,取締役です。たとえば,トヨタのような極めて良質な経営を行っている企業から,プロの経営者を招聘するというなら,“なるほどね・・・”というところもあるのですが,この結果では単なるお家騒動で,自分たちの馬鹿さ加減を,自ら証明しているようなものです。

 創業家の思いつきで,経営経験のない人物がトップに就任した似たようなケースがありましたね。そう,経営危機にある三洋電機の会長兼CEOに就任した野中ともよ氏のケースです。あのときも創業家の井植家は何を考えているだろうと思いましたが,案の定ゴタゴタしましたよね。結局,今や野中氏は去り,創業家は社長をはずれ,経営再建中の途にあります。

 でも,三屋氏は,創業家の奇妙な判断で社長に就任したものの,株価の推移を見る限り,よくやったとしか見えないですね。アップダウンしながらも,株価は上昇傾向にありますからね。経営は回復途上にあるとしか思えません。本人は相当努力したのでしょう。たぶん経営者としても相当成長したはずです。見てのとおりの堅物で,もしかしたらそれが原因で創業家とぶつかったのかもしれませんね。サラリーマンとして処世術を身に着けていたら,もっとうまく泳げたかもしれません。外野としては,もう少し経営手腕をみたかったですね。人間の可能性を知るための貴重なケースでなので,もったいない気がします。何かの機会にもう一度経営にトライさせてみたいですね。
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全農がコメを中国に輸出

 全国農業協同組合連合会(JA全農)が,検疫問題から2003年以降停止されていた中国向けの日本産コメの輸出を再開し,24日に横浜港から第1便24トンを出荷した。

 このような取り組みは大いに評価できます。今の農業の日本における立場はあまりにも不当に低過ぎます。コメを国内で生産しても,大して儲からないのです。一般企業並みに採算性を計算したら,大部分の農家はたぶん稲作=コメ作りだけでは赤字じゃないでしょうか?こんな状況で一生懸命稲作農業に取り組む人がどれだけいるでしょうか?年々,農業は産業の片隅に追いやられて,存在感を薄くしています。こんなことでいいのでしょうか?誰がこんな農業にしたのか?なんて責任追及しても仕方ないですね。今から先のことを考えるしかありません。

 リンゴなどの果物も,中国の富裕層向けに輸出しているとの報道を数年前にテレビで見たことがあります。果物は日本でもコメに比べればかなり高値で取引されていますが,コメというのはいくら富裕層とはいえ,どれだけ売れるのでしょうか?現地では販売価格が1kg当たり1000円以上になる見込みとの情報がありますが,これでは日本国内でも売れ難いですよね。まあ,過去の実績を基に,今回再開するのでしょうから,売れる見込みはあるのでしょう。

 全農というのは,確か農協の全国段階の組織ですよね。商社機能,メーカー機能,組合員への講習機能などを持つ立派な組織と認識しています。農家一戸一戸では到底この世の中の波には対抗できないし,農業に一般企業の利益最優先の論理は成り立たないので,このような優れた企業体には日本の農業を発展拡大するため,大いに期待しています。できることならば,今回のような外に向けて攻め込むようなビジネス上の取り組みを,もっと,もっと活発に行って欲しいものです。そして,協同組合の組織である以上,この発展拡大路線に何らかの制約があるのであれば,株式会社として発展拡大する道を検討して欲しいものです。全農は株式会社の関連企業をたくさん抱えているはずですが,今私が主張しているのは,本体=全農そのものについてです。守りに回らずに,攻めて,攻めて,攻めまくる企業体に変貌して欲しいと思います。それが最終的には農民を守り,農民の幸せを増幅することになるのです。

 産業界においては,額に汗して働かない人たちが大きな顔をしているケースが多いように思います。それは明らかに利に反することであり,結果してどこかに歪が確実に増大しているのです。額に汗して,一生懸命に働く人が,優先的にいい思いをする社会にしなければなりません。全農の諸君,農業のトップ企業として頑張って欲しいです。日本の明るい未来はあなたたちの手にも委ねられています。ハイ!
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーのダイエーが中期経営計画

 『経営再建中の大手スーパーのダイエーが3ヶ年の中期経営計画を発表。小売り特化の高収益体制の構築,イオン,丸紅との提携効果の最大化を図る。』

 あのボロボロだったダイエーが,かなり再建が進んできているようですね。私は間違いなく潰れると思っていました。こんなことを言っても何の意味がありませんが,最安値のときに株を買っておけば良かった。経営者の方々,社員の皆様の努力は大変なものだったでしょう。

 最悪のときの仙台店なんか,酷いものでした。素人でも”この会社うまく行ってないなって”何となく雰囲気でわかるんですよね。そうすると,なおさら人が近寄らなくなって売上げが悪化する・・・そんな感じでした。あの頃は。あのまさに泥船だった会社をよくここまで持ってきたものです。

 イオンとは食料,日用品などの共通プライベートブランド商品の展開や共同仕入れ,共同販促を行うとのことだが,イオンという会社はとてつもない会社ですね。最悪時のダイエーと提携したときには,”イオンは何を考えているんだ”と私は思いました。たぶん,業界でもみんな尻込みしたんじゃないでしょうか?そんな中で手を挙げてここまで持ってきたのだから,経営者の能力というのは大いに評価できます。まあ,私のような素人が言うことではないですけどね。

 イオンと言えば,岡田一族がオーナーで経営者です。素晴らしい一族ですね。どういう教育をしているんでしょうか?今の岡田社長も,民主党の岡田元代表も,よく育て上げたものです。実は私は民主党の岡田元代表の大大ファンなのですよ。あの実直で,軸がぶれない性格は大好きですね。一般受けはしないかもしれませんが,これからの日本に必要なのはあのような人物だと私は思います。だから,近い将来首相になってもらいたいですね。経済界も岡田,政界も岡田になる日が来て欲しいです。いや,そのうち来ます。
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ,営業利益2兆2386億円

 トヨタ自動車の2007年3月期連結決算は,営業利益が前期比19.2%増の2兆2386億円。6期連続で過去最高を更新した。

 良い意味であきれてしまいます。売上げじゃないですよ。営業利益が2兆円を超えているのです。全く想像できません。2兆円ってどんな金額なの?とにかく凄いです。しかも,一時的ではありません。成長し続けているのです。あきれてしまいます。

 いったいこの先,トヨタはどこまで大きくなるのでしょうか?無限ということはあり得ないことですが,生物の活動である限りいつかは終わりが来るでしょうが,当面は私のような素人から見る限りは,弱点が見当たりません。とにかく凄いです。

 私は今はホンダの車に乗っていますが,次はトヨタの車にしようと思っています。どれだけユーザーの気持ちを理解しているのか,体験してみたいと思います。ホンダもユーザーのことを考えた良い車を作っていると思いますが,トップの会社はどんなものでしょうか?あれだけの会社ですから,ユーザーの心をつかんでいるはずですよね。今からワクワクします。

 これだけの規模の会社が,大企業病にならずに成長し続けるとはどうしてでしょうか?いろいろとその件について分析している人は多いと思いますが,本もたくさん出ていると思いますが,自分なりに研究したいと思っています。個人の人生を良くするためにも役立つことは多いでしょう。何かの本に,トヨタでは”なぜだ”を5回繰り返すなどと書いていました。そうすることで,本質が見えてくるとのこと。”なぜだ。なぜだ。なぜだ。なぜだ。なぜだ。”とつぶやき,自分の人生をカイゼンします。
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「タンス株」は742億株

 2009年1月に上場企業の株券電子化が予定されているが,「タンス株」=投資家が自宅等に保有している株は,742億株あるとのこと。

 えへへへ・・・実は私も某社の株を100株だけ自宅の金庫に保有しています。預けなきゃと思ってから,2年以上経ってます。時間が過ぎるのは結構早いです。残り2年を切っています。私も含め皆さん,早く証券会社を通じて証券保管振替機構に預けましょう。手続きは簡単です。

 手続きをしないと紙くずになる恐れがあるそうですが,これって本当なの?ちょっと信じられないですけどねえ。きっと,何らかの救済措置はあるのでしょう・・・なんて考えちゃいかんですね。世の中に順応すべきところは順応しなければなりません。

 ペーパーレス化直前には,手続きする人が殺到する可能性があるので,今年中に預けましょう!ハイ! 
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大手銀のATM,大型連休中は稼働

 『今度の大型連休(4月28日〜5月6日)中,みずほ,三井住友,りそなは,本支店で土日祝日と同じ時間帯でのATMの利用が可能。三菱東京UFJは,旧UFJ店舗のATMが24時間稼働だが,旧東京三菱店舗のATMは,通常より時間を短縮して稼働。日本郵政公社は,4〜6日は休止とのこと。』

 当たり前だろ。今までがおかしいのです。なんだあの利息は。絶対おかしいです。利息は雀の涙で,サービスは劣悪じゃあまりにも奇妙。せめてサービスくらい最高のものを提供しろ!

 休日や時間外の引き出し手数料も高すぎる。無料にするという動きがあるとどこかに書いていたなあ。もう無料の銀行もあるの?100万円預けたって利息がほとんどけど,一方で,105円とか210円とか,自分の預けたお金を引き出すのになんで高い手数料を支払わなきゃいけないの?おかしいぞ。絶対おかしい。
 
まあ,銀行業界もやっとかなりまともな企業になってきたということですね。利息上げろ!預金者バカにするな!職員の給与上げる前に,預金者の利息上げろ!

 ところで,社長,会長経験者は今でも顧問で大勢残っているの?今銀行の経営良いから,何人も残っているんだろうなあ。顧問に残すんだったら,その前に利息だよ,利息。庶民に金返せ!
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

固定電話利用者負担を月4円に下げ

 総務省が,NTTの固定電話の全国一律サービスを維持する費用として,通信事業者が電話利用者から集めている負担金を引き下げ,現在の1番号当たり月7円を,来年1月から4円程度とするとのこと。
 
 ちょっと,これって固定電話の料金が下がることになるのですか?よくわからないなあ。だとしても,3円だけ下がるだけ?大して変わらないか。

 話は拡大するけど,今は携帯ばかり利用していて,ほとんど固定電話は使っていないから,基本料金を100円くらいにしてくれないかなあ。使ってないのに毎月基本料金を,確か2000円くらいずつ徴収されて悔しいこと・・・

 私のところは,固定電話をADSLのためにだけ使っているようなものです。深夜でも迷惑電話がかかってくるので,常時留守録にしています。従って,呼び出し音も聞くことはありません。ほとんど存在感なしです。基本料金を下げてくれえ〜

 電力線通信にしたら,電話線は不要?たぶんそうでしょう。そしたら,解約するかなあ?
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下電器の在宅勤務制度

 松下電器の在宅勤務制度は,松下電器本体だけでなく,全額出資子会社23社の管理職と一般社員も含まれるとのこと。

 3月28日も取り上げていますが,松下電器の在宅勤務制度が紹介されていました。企業グループ全体に適用するようですね。いや〜,本当にすばらしい制度です。うちの会社でも実施して欲しいですね。

 ところで,在宅での仕事に向いた人というのは,自律型の人なのだから,もしかしたら,会社に所属しなくてもやっていけるかもしれないですね。これからは,指示待ち人間が会社にぶら下がるという形ではなく,自律した人間と会社が緩やかに結びつく関係というのが,標準になって行くのかもしれないですね。
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対中コメ輸出解禁で正式合意

 日本産コメの中国への輸出解禁が正式合意した。

 すばらしいです。農業の体質を強化するため,この種のことはドンドンうまく行って欲しいです。今のままでは,他産業に比べて経済力が低すぎます。

 リンゴなどの果物は既に対中国に輸出されているようですが,米も可能とは大変な朗報です。減反政策で未活用の水田が全国で100万ヘクタール程度もあるわけですから,このような土地も活用して輸出用を増産したらいいのではないでしょうか。

 今の国内農業は閉塞感ありますが,これを機に日本の農業もイケイケドンドンで前進しましょう!
タグ:コメ 輸出 中国
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマダ電機 不要家電を横流し

 家電量販最大手のヤマダ電機が,顧客からリサイクル料金を徴収するなどして引き取った不要家電約1600台を,中古品販売・輸出会社に横流ししていたとのこと。

ん〜残念ですね。私はここをよく利用していて,家電製品等の9割以上をヤマダ電機で購入しています。今日も夕方CD−Rを買ってきました。店内はいつもどおりでしたよ。

 何でも,家電リサイクル法で定められたリサイクル券を顧客に発行していたものも横流ししていたようですね。まあ,競争が激しい業界ですから,生き残って行くためには何でもありでしょうが,法令は遵守しなければなりませんね。猛省して,さらに安くて良い製品を販売し続けて欲しいものです。
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。