桜庭和志,船木誠勝に当然の完勝 キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

桜庭和志,船木誠勝に当然の完勝

 昨年の大晦日に行われた”K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!”で,桜庭和志選手と船木誠勝選手がメインイベントで戦いましたが,桜庭選手の完勝でしたね。しかしこの試合,最初から緊迫感なかったです。気の抜けた試合だったかもしれません。そう思っているのは私だけでしょうか?

 それはなぜか?たぶんそれは船木選手にオーラが感じられなかったからではないでしょうか?確か7年ぶりの復帰ですよね。全盛期に引退したのがまずかったと思います。ヒクソン・グレイシー選手に敗れたくらいで引退するなんてねえ。格好付け過ぎましたね。もはや完全に時代に取り残されたという感じです。体もどこか悪いのではないでしょうか?まるで動いていないと思いました。まあ,素人の目ですから,誤解かもしれませんがねえ。

 船木選手は引退したままの方が伝説になって良かったでしょう。今後活躍できるのでしょうか?疑問符が付きますね。格闘技戦は日々進歩しています。次から次と,世界中からとんでもない強豪が出現します。かつての共産圏にはまだまだ未知の強豪がいるでしょう。他の国も同様です。ボコボコにされても這い上がるくらいの覚悟がなくてはねえ。ちょっと負けたくらいで止めちゃう人ですから,私は期待していません。このままでは出ると負けです。第一,パンクラス出身の選手は大して格闘技戦では活躍していないですよねえ。昔はもてはやされましたが,そんなものです。

 その点,桜庭選手はよくやっています。格好付けずにボコボコにされても前進続けているからこそ人気があるのです。見た目も正直格好良くないですよね。全然強そうに見えません。不格好な方です。(失礼しています。ご免なさいね。)今回の試合も,何か簡単に勝ったように見えます。素人目なので間違っていたらご免なさいね。バケモノのような強豪と幾たびも対戦していますものね。今の船木選手じゃ,バケモノ選手と対戦したら,生命が危ういですよ。最低怪我します。

 でも,ホッとしましたね。見た目が劇画から抜け出したように格好良い船木選手が,素晴らしい演出の下で久しぶりに試合に出てきて勝ってしまったらどういう気持ちになったでしょうか?日々ボコボコにされながら,真面目に努力している人間が酬われないという取り方をしたでしょう。生きて行くモチベーションが下がってしまいますね。世の中にとっては良かったと思います。努力の積み重ねが必要ということを教えてくれました。

 船木選手は今回の敗戦に懲りず,また以前のように一歩一歩前に進みましょう。まだまだ可能性はあります。仮に今後無様に敗れても前進しましょう。そうすれば必ず良いことがあります。皆さんも私も含めて同様です。諦めない限り,”失敗”という言葉は成立しません。成功すると信じて前進しましょうね。ハイ!
| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。