大阪市長選の結果にコメント! キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

大阪市長選の結果にコメント!

 『10月18日に投開票された大阪市長選で,元毎日放送アナウンサーの平松邦夫氏(無所属 民主党,国民新党推薦)が,3選を目指した現職の関淳一氏(無所属 自民党,公明党推薦)ら推薦)らを破り,初当選した。』

 これは素晴らしい出来事です。選挙前の世論調査では,既に平松氏の方が優勢との結果が出ていたようですが,推薦した民主党は,あの一連の騒動の後だけにホッとしているでしょう。票差は5万票近くもありましたね。全国的な民主党の支持率もさほど下がらず,むしろ回復してきているようですね。

 あの騒動の後,小沢一郎代表以下の民主党の議員の皆さんは,テレビなどのメディアを通じて,国民に対して十分に説明しています。小沢代表の朝日新聞の単独インタビューの記事も見ました。筋が通っていて,モヤモヤしていたところが,かなり取れてきましたよ。「報道2001」にも出演していましたね。大いに結構なことです。その他鳩山由紀夫氏,原口一博氏などがテレビなどで説明を尽くしています。大変良いことです。これからももっと説明して下さいね。

 一方の自民党は,一言で言うと曖昧です。”阿吽の呼吸”なんてという表現を福田康夫首相が使っていますよね。何ですかそれ?小沢代表が党首会談の内容を集中砲火を浴び続けながら,しっかりと説明しているのに対して,一方の当事者の説明はほとんどなし。官房長官の町村信孝氏が小沢代表と同じ日に「サンデープロジェクト」に出ていましたが,やはり曖昧な発言止まり。あの騒動についてはぼやかしまくっていましたね。今の時代はそれではもはや通用しないのではないでしょうか?そんな対応をしているから,今回の大阪市長選の結果になるのだと思いますよ。

 国民は選択肢を見つけたのですよ。そして民主党も幾多の苦難を乗り越えて成長しています。その辺のところを自民党の皆さんは理解しないと,さらに地盤沈下して行くと思います。かつて自民党と社会党と新党さきがけが連立して,奇々怪々な村山富市内閣ができたことがありました。私はこの内閣を戦後最悪の内閣だと思っていますが,今回の自民党と民主党との大連立構想も,このときと類似した考え方から来ているのでしょう。足して2で割って,何が何でも政権に固執するのが自民党。こんなやり方はもはや国民には理解されないと思いますよ。一日も早く政権を民主党に渡し,自民党は党再生に取り組むべきだと思います。これからの日本には,健全な2大政党が不可欠ですからね。ハイ!
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。