落合・中日,日本シリーズ制覇!やったー! キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

落合・中日,日本シリーズ制覇!やったー!

 日本シリーズ第5戦は1対0で中日ドラゴンズの勝ち。見応えのある素晴らしい試合でしたね。しかも,中日は完全試合です。山井大介投手の交代については賛否両論ありますが,これで良かったと思いますよ。勝てば官軍です。仮に逆転されて,最終的に日本シリーズも引っ繰り返されていたら,もう,もう,もう,落合博満監督はボロクソに言われたでしょう。これで良かったのです。指導者としてもちろん合格です。

 日本シリーズのMVPはあの中村紀洋選手。オリックス・バッファローズ球団の仕打ちは酷かったなあ。”何であそこまでするの?”って感じで見ていました。そのオリックス・バッファローズは今季は最下位。笑ってしまいますね。プロ野球界発展のために,オーナーは即刻球団をプロ野球を愛する優良企業に売却して欲しいですね。それにしても,中村紀洋選手は挫けないでよく復活したものです。オリックス・バッファローズ球団から謀略的に解雇され,一時期は誰にも相手にされなかったですものね。確かに,2002年にFA権を取得して以降の迷走ぶりを見ていると,”この人大丈夫かな?”というところはありました。中日ドラゴンズには育成選手として年俸400万円で入団ですよ。年俸何億の人が400万ですよ。こんなの有りでしょうか?中村選手は悲惨な状況下でよくやりましたね。なかなかできることではないです。気持ちが折れてしまう方が多いでしょう。ところ,オリックス・バッファローズからお金をたくさんもらっていて全然活躍していない某選手がいますけど,今はどうしているのでしょうか?オリックス・バッファローズ球団にとっては,中村紀洋選手よりもそちらの選手の方が価値があるということでしょうが,その価値観は変じゃありませんか?歪んでいます。経営能力に疑問です。

 落合監督が先ほど出てきた某選手と入れ替えで,長嶋監督の読売ジャイアンツを退団したときの無念な表情を,皆さんは覚えていませんか?私は今でも忘れられません。”俺は長嶋監督の読売ジャイアンツを抜けたくない”という表情をしていました。あんな無念な表情は滅多に見られるものではありません。あこがれの監督のもので,喜々としてプレーしていたわけですからね。退団した年も,40歳を過ぎているにもかかわらず3割を打っていましたよ。挫折感でいっぱいだったのではないでしょうか?退団しないで読売ジャイアンツに残っていたら,良い成績残したはずです。日本ハムファイターズで不調だったのは,年齢から来るところもあったでしょうが,天才的な技量を有する彼の場合は,気持ちが折れた結果だったと思います。ところで,替わりに入団した某選手の読売ジャイアンツでの成績は?それは言わずもがなですよね。あの球団も変なんです。

 落合博満監督にしても,中村紀洋選手にしても,大きな挫折を乗り越えての今回の日本シリーズの制覇でした。喜ばしい限りです。諦めないで努力すれば,いつの日か必ず花が咲くのです。ハイ!
| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。