ガソリンの価格はどこまで上がるのでしょうか? キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

ガソリンの価格はどこまで上がるのでしょうか?

 10月31日の夕方,近所の比較的大きなガソリンスタンドで,凄い数の車が溢れかえっていました。スタンド内が人気のあるスーパーの駐車場のようになっているのです。道路にも給油待ちの車が列をなしていました。ガソリンスタンドの中にこんなに車がいるのを見たのは初めてで,異様な感じで気味悪くなりました。”何だろう?ガソリンの大安売りをしているのかな?”と思ったら,そうではなく明日11月1日から値上げなんですねえ。経済に疎い,世情に疎いですねえ。知らなかったのは私くらいでしょうか?

 しかし,50Lを給油したとしても,差額は大したことないので,並んで待ってまで給油する意味はあまりないと思いますがねえ。次回からは高いガソリン代を払うのです。運転しないで済ませることを考えた方が得策ですが,この車社会ではもはや無理ですよね。何でも,原油価格が高騰しているので,この先まだまだ値上がりするかもしれないそうですね。今のところはあまり不安を感じてはいないですが,これからジワジワと様々なモノの値段にも影響するでしょうから,何らかの生活防衛策は講じていた方がいいかもしれませんね。

 実際,値上げが確実なのは電気代,ビール,コーヒー,ティッシュペーパーなど目白押しです。もっともっと増えてくるでしょう。同日,テレビでトマト生産者が重油の値上げで四苦八苦している様子が放送されていましたね。重油価格が当初の2倍以上になったので,利益が消えた旨と発言していました。恐ろしいことです。農業だけでなく,他の業界でもかなり経営を圧迫しているでしょう。世の中の石油依存度は高いですからね。一般家庭でもこれからの季節は,家計を確実に圧迫します。

 ガソリン値上げのことを書いていたら不安になってきました。ガソリンの代替燃料は現実としてはないですからね。石油が値上がりしたら,身を任せるしかありません。私のところは全電化住宅なので,暖房費への影響は灯油やガスを使っている家よりも格段に小さいはずですが,間接的に値上がりするモノは防ぎようがありません。

 何か一騒ぎありそうな気がします。昔あったトイレットペーパーの買いだめ騒動のようなものです。それにしても,何で原油価格が値上がりしているのでしょうか?政府の対策が待たれますが,あまり当てにしないで,我々個々人も何らかの備えは必要でしょう。自分の人生を見直す良い機会かもしれません。ハイ!
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。