松井稼頭央のロッキーズがナショナルリーグ初制覇 キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

松井稼頭央のロッキーズがナショナルリーグ初制覇

 10月15日に行われた大リーグのナショナルリーグ優勝決定シリーズ第4戦で,松井稼頭央選手の所属するロッキーズが6対4でダイヤモンドバックスに勝ち,4連勝でリーグ初制覇を果たした。チームは創設15年目で,ワールドシリーズへの出場は初となる。

 松井稼頭央選手はようやく本領発揮ですね。実力は十分ありながら,メッツでの2004年からの2年ちょっとの間は,不本意な結果しか残せなかっただけに,喜びも一入でしょう。皆さんは松井稼頭央選手の上半身を見たことあります。ムキムキムキですよ。凄い筋肉をしています。身体能力は抜群だし,日本球界時代の実績も図抜けているから,大リーグでは間違いなくすぐに大活躍すると思っていました。たまたま故障などの不運が重なったということでしょう。後は監督,コーチなどとの相性ですかね?能力を十分に持っていても,こんなケースもあるのです。

 2007年も平坦ではなかったです。今年も故障が付きまとっていました。当初はジェレミー・キャロル選手との併用で,二塁の定位置確保できていなかったですものねえ。終盤は,ロッキーズの不動の1番打者・ウィリー・タベラス選手が怪我で離脱したこともあり,1番・二塁に定着。そしてその結果がリーグ優勝です。ロッキーズの優勝は松井稼頭央選手の活躍によるところが大きいと言っても過言ではないでしょう。よくぞ立ち直ったものです。でも実力はまだ6割くらいしか出ていないのではないでしょうか?まだまだやれるはずです。

 ワールドシリーズの相手はどこになるのでしょうか?松坂大輔選手のいるボストン・レッドソックスになって欲しいですね。かつての西武ライオンズ時代の同僚とワールドシリーズで対決になったら,夢のような話ですよ。野茂英雄選手が活躍する以前の日本で,今日の大リーグでの日本人選手の大活躍を誰が予想したでしょうか?まさに隔世の感を禁じ得ません。素晴らしいことです。

 やればできる可能性があるのに,やる前に自分を制限して,前に留まっていることありませんか?私はたくさんあります。そして,長い間そうしてグズグズしていたけど,思い切ってやってみたらできて,大いに感激したこともたくさんあります。まあ,大リーグでの日本人選手のケースとはかなりレベルが違う内容ですけどねえ。皆さんも,自分で創った殻の中に閉じこもっていませんか?やればできることって,意外に多いのですよ。要は,志を明確にし,プラス思考を持って,前進を続けることです。そうすれば,明るい未来は必ず現実になります。ハイ!
| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。