ソニーが最薄部3mmの有機ELテレビ発売へ キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

ソニーが最薄部3mmの有機ELテレビ発売へ

 ソニーが最薄部3mmの有機ELテレビ(地上・BS・110度CSデジタル有機ELテレビ「XEL-1」(11V型))を12月1日から世界で初めて発売すると発表した。希望小売価格は20万円。

 有機ELという言葉は時々聞く言葉ですが,詳細は知らないので調べてみました。

 有機ELとは,有機エレクトロルミネッセンスのことで,有機物中に注入された電子と正孔の再結合によって生じた励起子によって発光する現象だそうです。こう説明されても何のことかさっぱりわかりませんね。まあ,素人は原理とか理屈がわからなくても,利用できればいいですよね。

しかし,最薄部が3mmとは信じられない厚さですね。現在ある薄型テレビは10cm前後だそうですから,格段に薄いということです。凄いですね。液晶テレビは厚さ2cm程度のものが発売されそうなのですが,それと比べても比べものになりませんね。寿命が従来のテレビに比べて短いのが欠点だそうですが,この辺のところはかなり改善されつつあるようです。

 問題は価格ですね。皆さんは画面サイズは11型で20万円もするテレビを買いますか?大抵の人は買わないでしょう。私は液晶テレビすら,もっと安くなってから買おうと思っているくらいですから,絶対に買いません。でも,有機ELテレビが広く普及するようになれば,価格なんていうものは,あっという間に下がりますから,しばらくは様子見ですね。当面は液晶テレビにしておきます。

 テレビの進化って止まらないですね。一体この先,どのくらい素晴らしいものになって行くのでしょうか?有機ELテレビ発売のニュースを聞いて,将来が楽しみになりました。テレビは本当,世の中を明るくしていますね。


*本記事は,ソニーのホームページ内報道資料を参考にして作成しました。
| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。