何だ,横綱審議委員会委員の発言は! キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

何だ,横綱審議委員会委員の発言は!

 朝青龍に対する大相撲の横綱審議委員会委員のコメントがテレビでも報道されていましたが,内館牧子委員の発言は酷いと思いませんか?”日本の国技をなめてる”など,何回も”なめている”と連発していましたね。秋場所中にも,すでに報道されているとおり,朝青龍関を追求するわかったような発言をしていましたね。かなり問題ですよ,この人。横綱審議委員会という,権威がある委員会の委員が,このような形で暴言を連発するのは如何なものでしょうか?仮にも委員でしょう?何を言っても良いのですか?完全なるパワーハラスメントです。”あなたが横綱をなめているのだ”と私は言いたいです。何だかんだ言っていましたが,こんなに不愉快な発言を聞いたのは久しぶりです。聞くに堪えないとはこのことです。

 おまけに,大リーグで活躍しているイチロー選手や松井秀喜選手などを取り上げ,彼らは大リーグに行っても米国をリスペクトしているけど,朝青龍はそうでなくてなめているなどの発言もしていましたね。これも暴言ですよ。どういう事実に基づいて発言しているのでしょうか?大リーグのように世界に広く門戸を開き,ルールも改善をし続けているスポーツと,大相撲のように外国人に対して入門制限したり,ルールも国際化に対応した改善もせずに,外国人力士に対して理不尽な因習を無理強いするような伝統芸能(とてもスポーツとは言えません)を同列で比較しています。大リーグと大相撲とでは比較などできません。自分にとって都合の良いところをつなぎ合わせ,実に滅茶苦茶なことを行っていますね。まさに詭弁です。物書きとして情けないです。彼女のこれまでの業績は一体何だったのかと疑いたくなります。

 内館委員は筆も弁も立つ人だから怖いですよね。このような世の中に対して影響力がある方が発言をすると,世の中の人は彼女の行っていることが本当のように誤解する人が出てきます。怖いです。完全なる言葉による暴力ですよ。言論の自由は守られなければなりませんが,暴力に使ってはいけません。

 猛省して,慎重に発言して欲しいものです。横綱審議委員会はあなたの個人的な妄想をコメントするところではないでしょう。大相撲を愛するのであれば,朝青龍に対して謝罪を要求したり,批判ばかりするのではなく,もっともっと建設的なことを議論すべきでしょう。よろしくお願いします。暗い闇の中にある大相撲を明るくするのが,あなたたち,横綱審議委員会の役割だと思います。ハイ!ハイ!
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。