赤城農相の顔に絆創膏 キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

赤城農相の顔に絆創膏

 各メディアで報道されているとおり,赤城徳彦農水相が顔に絆創膏を付けた状態で記者会見していましたね。私もテレビで見ました。「大したことはありません」などの類似表現を繰り返すばかりで,誰が見ても気分の悪くなる場面でした。

 一体この国はどうなっているのでしょうか?大臣ですよ。“デェージン”ではありません。大臣です。一国の大臣です。政治家のあこがれのポストです。大臣になることを夢見る子供達もたくさんいるでしょう。それが何ですか,あの態度は。横柄な態度そのものです。杏奈の大臣にするな・・・と安倍首相に言いたいです。

 赤城徳彦,ちゃんと説明しろ!その受け答えはないだろう。プライベートでも受け答えはちゃんとするのが社会のルールというものだ。仔細は説明する必要はないだろうが,「大したことはありません」ではあまりにも周囲を小馬鹿にしている。どういう育ち方をお前はしたんだ。50歳目前で結構ガキの顔=ボンボン顔しているが,要するに未だにボンボンだな。おい,安倍首相,こんな奴はずせ!例の事務所費問題でも横柄な態度で終始し,国民は今回のことも含め呆れかえっているぞ。大地震が起きたけど,国民は忘れないぞ。

 あまり怒ってばかりはいられませんね。怒ってばかりでは世の中が良くなりませんね。でも幸いなことに,我々には選挙権があります。赤城大臣などの態度をみると,やはり長期政権によるおごりが見られますね。完全におごりです。昔,国鉄という会社がありましたけど,とても客商売とはほど遠い組織でしたよね。今や幾多の競争を経験して,後継会社であるJRは優良企業になりました。また国鉄の関連企業であった交通公社,今のJTBも昔は酷かったです。俺なんか,30年ほど前に50歳くらいの職員のオッサンに怒鳴り散らされたことあります。客なんですけどね。そのロクでもないところだった交通公社も今やJTBとして優良企業です。ようするに,今の自民党はかつての国鉄ですよ。政界においても競争原理を早急に導入しなければなりません。何をすべきか?皆さん,おわかりですよね。

 大臣があって国民があるのではなく,国民があって初めて大臣があるのですから,赤城徳彦氏は猛省して,辞任しないのであれば,今後の執務に望んで欲しいものです。辞めてもいいのですよ。私としては大歓迎です。その方が世の中が明るくなります。ハイ!
| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。