中国でダンボール入り肉まん販売 キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

中国でダンボール入り肉まん販売

 このダンボール入りの肉まんの話題,テレビで見ましたよ。吐きそうになりました。まさか日本に入ってきていないでしょうねえ。柔らかくするために劇物の化学薬品に漬けていたとも報道していましたね。聞いただけで,吐きたくなりました。

 人間は山羊などの草食動物の持つ能力はないので,紙であるダンボールからはほとんど栄養は摂取できませんが,食べようと思えば食べられます。でも,どんなお腹が減っていても,紙は食べないですよね。消化できないでしょうから。そのダンボールを刻んで肉と混ぜて,肉まんを作ったなんて信じられません。

 中国はこれからも長いつきあいになる隣人です。悪く言いたくありません。今回のことも極々一部での出来事かと思います。中国政府も大変ですね。あれだけの人口で,さらにいろいろな人がいますからね。民族なんて日本の現状からすれば考えられないほど多様です。(中には紙を食べる人達も・・・なんていませんよね。)貧富の差も極めて大きいようですね。のし上がるためには何でもありだと思っている人達は多いでしょう。

 今回のことで中国のものは皆危なく思えてきます。真面目にやっている人も割を食いますね。つい最近でもウナギに薬物が・・・とか,野菜に基準以上の農薬が・・・とか,食に関わるだけでもいろいろな問題が出ています。中国からの輸入品全体は何らかの風評被害を受けるでしょう。こんなことで両国間の関係が冷えることがあってはないらないです。

 とは言え,中国が成熟し,今回のようなことはほとんどなくなるまでは,日本政府として中国製品のチェック体制を整えることは必要でしょう。やむを得ないです。性善説だけでは上手く行かないのです。私としては,隣人・中国の製品は積極的に利用したいですし,そう思っている人は日本では多いと思うので,日本政府もその辺のところ十分に考慮した上で,対策を具体化して欲しいものです。結果,日中両国を明るくします。ハイ!
| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。