東北地方も梅雨入り キーワードトレンドニュースウォッチ

スポンサーリンク

東北地方も梅雨入り

 気象庁のホームページに速報が載っていましたが,私の住んでいる東北地方も梅雨入りしたようです。東北南部は例年の梅雨入りは6月10日頃で11日遅れ,そして北部は例年12日頃で9日遅れだそうです。

 昨冬はとんでもない暖冬だったし,次から次と天候の異常が続きますね。異常が繰り返されると,それが正常と言われるようになるのですが,正常と認識される前には,異常の結果,何かが起こるはずですよね。その何かとは何なのかと考えると不安になります。地球温暖化の結果,南の島には水没するところも出てくるなどの予測もあるようですが,今回の異常気象も何ら影響なしでは済まされないでしょう。

 このまま短期間の梅雨で終わるとすれば,差し当たり水不足が予想されます。この辺のことは以前書きましたね。梅雨明けしたと見られる沖縄地方では,梅雨期間は平年より10日短かったようですが,さいわい,那覇では降水量が平年を60%以上上回り,十分な水源が確保できそうなのですが,石垣島や西表島などでは平年を下回ったるようなので,今後に懸念が残ります。

 他の地域はどうなるでしょうか?まだ梅雨入りしたばかりなので,何ともいえませんが,たびたび水不足に見舞われる九州四国地方や首都圏あたりが心配ですね。雨期と乾期がはっきりしてきているような気がしますので,心配は尽きないです。

 世の中を良好に保つため,こんな異常気象に対しては,個々人が何らかの対策をしておいた方がいいでしょう。私の住んでいる宮城県は水不足という話題はほとんど聞いたことがないですが,本当にそうなのか少し調べてみなければなりません。前にも書いたように,ミネラルウォーターをストックしておいた方がいいかもしれません。高い確率で宮城県では強い地震が発生するとの予測もありますので,必須かと思います。

 東京方面に旅行や出張する場合も,特に夏場は大雨に対する心構えは必要です。とにかく最近は雨の降り方が違います。一度に大量に降ります。ビルの地階なんかではうかつにすごせません。東京で大雨になり,洪水にでもなったら・・・・。水の逃げ場が少ないから,大変なことになりますね。あまり想像したくないです。でも,そんなことを言っていないで,万一のときのために,しっかりとした心構えは必要です。ハイ!
| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
www.himawari-popular.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。